4人目の妊娠!どうしよう?経済的なことや周りの反応が怖い!

4人目の妊娠となると産む事にも

結構勇気がいるもの。

 

3人でも大変なのに経済的に大丈夫だろうか?

とか

周りからはどんな風に見られるんだろう

とか不安はいっぱいかもしれませんね。

 

そこで今回は

  • 4人目を妊娠!経済的に大丈夫?公的補助は?
  • 四人目を妊娠したときの周りの反応は?
  • 4人目産んでよかった!

について調べて記事にしていきますね。

 

4人目を産もうとしているお母さんを

応援できればいいなと思います。

 

スポンサーリンク


4人目を妊娠!経済的に大丈夫?公的補助は?

まず1番頭に浮かぶのが経済的なこと。

 

出産から22年間の子育てにかかる費用は

1人あたり、おおよその平均で総額1,650万だそうです。

 

もちろん教育費は子供の進路によって変わりますが。

 

私立の医歯系大学に6年通う場合は

教育費は約2,965万円と跳ね上がります。

 

ですから先の進路のことまで考えて

備えておかないと行けませんね。

 

たとえば

  • 定期預金をする
  • 学資保険などの保険と貯金をする
  • 児童手当をためておく
  • どうしてものときは奨学金を利用する

などの対策が一般的です。

 

でも、

こんなに子育て費用がかかるのか・・・

とがっかりしないでくださいね。

 

日本ではありがたいことに、

いろいろな公的支援制度が有ります。

 

ではどのような公的補助があるのか紹介していきますね。

 

まず、

一般的に中学修了時まで国から

支給される児童手当

  • 0から3歳未満で一律15,000円、
  • 3歳から小学6年生まで第1子、第2子が10,000円
    3子目以降は3歳未満から小学校修了前まで15,000円。
  • 中学は1人目から3人目以降全て10,000円

と決まっています。

 

2月・6月・10月と1年に3回。

4か月分がまとめて振り込まれます。

 

もちろん出ていくお金の方が多いでしょうが、

上の子が中学生のまでは

1月あたり4万5千円~5万円が、

4ヶ月分まとめてだと20万円近く

お金が振り込まれることになります。

 

ただし、

この支給額は所得制限があり

960万円以上の所得制限世帯は

一律5,000円となっています。

 

つまり、4人で1月2万円です。

 

まぁ所得が多ければ

4人目をどうしようというのは

経済的には悩まないかもしれませんね。

 

それ以外に中学卒業程度まで医療費に対して

無料もしくは一部補助があります。

 

自治体によっては小学生までのところもあるそうですね。

 

医療費助成制度は地方自治体により違いますが

ありがたいものです。

 

子供はすぐに病気になりますので

長く医療費助成がある自治体に住む

というのも視野に入れたいところですね。

 

4人目なら自分の住んでいる地域の自治体が

どこまで医療費負担をしてくれるのか

わかるでしょうから。

 

引っ越しは上の子が小学生の内、

できれば低学年のうちにすませておきたいですね。

 

更に2019年の10月から始まる支援として

幼児教育無償化があります。

 

この制度は3~5歳までの子供たちが

幼稚園や保育所、認定こども園などに通う場合の

保育料が無料になる制度です。

 

地域型保育といわれる小規模保育や

家庭的保育の場合、企業主導型保育の場合でも

認められます。

 

住民税非課税の世帯の場合は

0~2歳児も無料となりますし

障害児の通園施設も無料になります。

 

認可外の保育施設やベビーシッター、

幼稚園の預かり保育料も無料の対象となるため

子育て世代の負担が軽くなるのではないかと

期待を寄せられています。

 

ただし3~5歳の場合は3.7万、0~2歳の場合は4.2万が

無償の上限なのでこの金額を超える場合は保育料を

支払うこととなります。

それでもずいぶん負担は減りますね。

 

私立幼稚園でも保護者の負担の軽減目的で

私立幼稚園就園奨励費補助金制度も有ります。

 

自治体によって補助金の額は

所得や何番目に生まれた子供なのかによって

変わる場合が一般となっていますので調べてみて下さい。

 

そして高等学校就学支援金制度もありますね。

これは高校に支払う授業料を都道府県が

代わりに学校に対して支払ってくれる制度のことです。

 

市町村民税所得割額や公立か私立かににより

支援金の金額が異なっています。

 

兄弟や扶養家族の数などで微妙に変わるのですが、

おおよそ年収960万未満の家庭の場合

公立高校の授業料は実質無料になります。

 

 

実は平成25年までは公立高校の授業料が

どの世帯も無料だったのですが

平成26年の改正により今の制度に

変更となりました。

 

私立高校の場合は所得割額に応じて

月額24,750~9,900円の支援金が受けられます。

 

私立高校についての補助を増やす動きも

出てきているようです。

 

そして気をつけなくてはいけないのが奨学金です。

奨学金の場合、月額数万円と少ないものの

返さなくてもいい給付型があります。

 

他に、

給付型よりも金額が多いけれど

返済しなければいけない貸与型に分かれます。

 

無利子で借りられるものも多いのですが

貸与型は子供名義のローンであるということを

忘れてはいけないのです。

 

実際貸与型で借りて長い間返済に

追われるということになることもありますので

よく検討して利用しましょう。

 

無利子ですから

借りて貯蓄しておくことも

できなくはないですけどね。

 

ほかに自治体によっても違いますが

  • チャイルドシート購入費補助金
  • 子どもヘルメット
  • 幼児2人同乗用自転車の購入費助成

などもあるので、

自分の住んでいる自治体にはどんな補助があるのか

HPなどで調べてみましょう。

 

スポンサーリンク


四人目を妊娠したときの周りの反応は?

まず報告して1番怖いのがご主人の反応でしょうかね。

でもご主人とは話し合えば解決するでしょうし

何よりもすでに3人の子供を産んでいる家庭は

ご主人が歓迎モードの所が多いようです。

 

これはうれしい反応ですよね。

 

周りに反対されましたと言う人の意見もありますので

紹介しておきますね。

 

父親にメールで報告したところ、

「え?4人目妊娠?大丈夫なのか?お父さんはお金ないから援助できないぞ!」

と返信があり、

しかもその始まりが『ゲゲゲ!4人目⁈』だったということです。

 

「え?なんで?もういいんじゃないの?欲しがる意味がわからない。」

なんて反応もあったとのことでした。

 

4人目の報告をしたところ、

  • 計画性がない
  • 性にだらしがない
  • 肝っ玉母ちゃん
  • 貧乏のイメージがある
  • 姑にいやみを言われた

など周りに言われなくてもいいことを言われた

というケースもあったとのこと。

 

こんな話を聞くと心配になっちゃいますよね。

 

でも大丈夫!

 

頑張れ!という意見もたくさんあります。

4人目産んでよかった!

  • 3人目までは大変だけど4人以上は何人増えても同じ

上の子は自分のことは自分でするし、

下の子の面倒を見るし、

遊ぶときは兄弟で遊ぶので

自分は赤ちゃんの世話だけをするだけだった。

 

  • 毎日にぎやかで楽しい
  • 肉体的に大変なのは小さいときだけ
  • 経済的に苦しいこともあるけど何とかなります。

などなどの意見もあります。

 

子供に自立心や自主性、

思いやりの気持ちが育つのでしょうね。

 

とあるブログに素敵な言葉ありました。

産んで、子供を抱え、

毎日生活が苦しくて産んだ事を

後悔している事を想像しますか?

 

それとも上の子達と赤ちゃんを

みんなでニコニコしている未来を

想像しますか?

 

もし後者がキラキラ輝いて見えたら

そうなったらいいなって感じたら

それがあなたの原動力になると思います。

ね?すてきでしょ?

 

産んで大変なこともあると思いますが、

子供にとっては良いことが多いようですよ。

 

4人目を妊娠!まとめ

 

さて、これまで

  • 4人目を妊娠!経済的に大丈夫?公的補助は?
  • 四人目を妊娠したときの周りの反応は?
  • 4人目産んでよかった!

について調べてきました。

いかがでしたでしょうか?

 

経済的には不安はあるでしょうけど

「何とかなる」という

既に4人の子供がいるお母さんたちからの

力強い意見も多かったです。

 

実は私の子供の頃は余り助成金なるものがなく

児童手当てなどの制度もありませんでした。

医療費の補助も1年で終わりでした。

 

今は助成金も色々ありますし

4人になると金額も大きくなります。

 

助成金より支出の方が多いでしょうが

それでも幸せなオーラがそこにあるのなら幸せですよね。

 

周りのマイナスの意見にとらわれず

生みたいという気持ちがあるのであれば

「大丈夫」とエールをくれる意見だけに耳を貸して

欲しいと思います。

 

赤ちゃんを見ている上の子供たちの顔

とてもうれしそうではありませんか?

 

4人目頑張って育ててくださいね。

 

ではでは。

スポンサーリンク


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です